お知らせ

5月26日からマネースクエアの取引ルールと取引画面が一新されました。

トラリピ

トラリピはカナダドル/円がオススメ!最高水準のスワップとスプレッド

トラリピはカナダドル円がオススメ!最高水準のスワップとスプレッド
キャラ基本
ヒヨ
こんにちは!ヒヨです!

今日はちょっとお得な情報をお伝えしたいと思います。

トラリピでお世話になっているマネースクエアが、期間限定でカナダドル/円のスワップとスプレッドを業界最高水準で提供しています
この機会に運用を検討してみてもいいかもしれませんね。

しかしカナダドル/円のことをあまり知らない場合、

「カナダドル/円ってどんな魅力があるの?」
「運用するにあたって他の通貨を比べていい所って何?」
「スワップとスプレッドの何がお得なの?」

などの疑問があると思います。

たしかにカナダドル/円のことをあまり知らない方は、そもそもの魅力がわからない場合が多いでしょう。
なのでなぜ今カナダドル/円がオススメなのか、その理由から説明していきましょう。

マネースクエア_カナダドル

カナダドル/円をオススメする理由とは

カナダドル円をオススメする理由とは

今なぜカナダドル/円がオススメなのか、それは以下のポイントから見ていくとわかりやすいです。

  1. カナダドル/円は今利上げサイクルに突入している
  2. 資源通貨の中でスワップ水準が非常に高い
  3. 安値圏でトラリピに適した値動きと反発上昇の期待感

これらのポイントを知って上で、マネースクエアが期間限定で行っている業界最高水準のスプレッドを利用すればかなり低コストでトラリピを実施することができます

ではそれぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

カナダドル/円は今利上げサイクルに突入している

吹き出し①
ヒヨ
カナダドル/円は利上げの可能性が高くなっているんだね。

カナダドル円は今利上げサイクルに突入している

画像引用元:マネースクエア(https://www.m2j.co.jp/landing/cadjpy_2018/

この画像を見てもらうとわかりますが、カナダ中銀(BOC)は2017年7月に利上げを開始しました
さらに2017年9月と2018年1月、合わせて3回の利上げをおこなっています。

この利上げ局面入りは主要先進国の米FRBから2番目、主要資源国ではカナダ中銀がはじめてです。

そして今年6月時点のカナダ中銀の政策金利は1.25%。
堅調なカナダ経済を背景にして、市場では政策金利が年内に1.75%に引き上げられると観測されています。

それとは逆に日銀は現行の金融緩和策を長期間維持することの示唆をしていて、カナダ中銀とこの日銀の金融政策見通しの違いはカナダドル/円にとってプラス材料と考えられています。

このように今後は利上げが予想され、プラス材料も多いことから価格は上向きに動いていくと予想できるでしょう。

資源通貨の中でスワップ水準が非常に高い

キャラ基本
ヒヨ
スワップが高い部分も注目だね!

スワップ水準が非常に高い

画像引用元:マネースクエア(https://www.m2j.co.jp/landing/cadjpy_2018/

この図を見てわかる通り、他の資源国通貨と比べてもスワップはかなり高水準となっています。
しかもマネースクエアは他の会社と比べても、スワップは高水準を誇っています。

さらに日本は21世紀に入ってからずっとゼロ金利が続いているので、金利が付くというのは非常にありがたいことでしょう。
またカナダは隣国の米国が利上げの段階に入っていることもあり、カナダも年内の追加利上げが期待されています

ただ注意しなければならない点は、スワップばかりに固執すると価格の下落を無視してしまうことがあることです。

スワップ収益と価格損益のバランスを考えながら運用することが大切でしょう。

トラリピに適した値動きと上昇の期待感がある

吹き出し①
ヒヨ
これから価格は上昇していく予想だよ

安値圏でトラリピに適した値動きと反発上昇の期待感

画像引用元:マネースクエア(https://www.m2j.co.jp/landing/cadjpy_2018/

この画像を見てわかるように、将来的には価格が90円を上抜ける可能性もあります。

2000年以降カナダドル/円の最安値は68円台、最高値は125円台です。
この最安値と最高値から現在83円前後は、安値圏と判断できると思います

さらにカナダドル/円は2016年11月から、おおむね80円~90円のレンジ内で推移してきました。

さきほどのカナダ中銀利上げの予想を踏まえると、カナダドル/円は将来的に2016年11月からのレンジ上限90円を上抜ける可能性も考えられます。

このようにこれからの利上げの予想と、現在価格からの値動きを考えて価格は今後上がっていくでしょう。

これらの理由からカナダドル/円は、今運用するのにオススメ通貨と言えるのです。
利上げによって価格上昇が期待できるので、利益も取りやすいですしスワップでコツコツ収益を出すことも可能でしょう。

「カナダドル/円」が業界最高水準のスワップとスプレッドに!

「カナダドル円」が業界最高水準のスワップとスプレッドに!

こんな今運用するのにオススメなカナダドル/円ですが、マネースクエアが期間限定で高水準のスワップとスプレッドを提供してくれています。

この期間で運用すればかなりコストを抑えることができますし、スワップでも利益を出すことができるでしょう。

ただスワップとスプレッドのことを知らないと、そもそも何がお得なのかわからないと思うので少し説明しておきましょう。

そもそもスワップって何?

キャラ基本
ヒヨ
スワップって何かわかっているかな?

FX取引においてスワップとは、外貨預金における「金利」のようなものです。

しかし大きく違う点もあり、金利は受け取るだけでなく支払うこともあります
銀行の外貨預金においては、金利を受け取ることはあっても支払うことは有りません。

ですがFX取引においては、取引によって金利を支払うこともあるのです。
FX取引は通貨を売買する取引となりますが、それぞれの通貨ごとに金利が違います。

たとえば日本円は長年にわたってゼロ金利政策が続いていますが、オーストラリアやニュージーランドなどは比較的高い政策金利が設定されているんです。

このように通貨ごとに金利が違うのですが、それぞれの通貨を売買する時に通貨ごとの金利差をやり取りする決まりがあります

それがスワップ金利となるのです。

スワップは金利差の交換を意味する

スワップは各国の通貨金利を交換したものです。

買った国の通貨の金利から、売った国の通貨の金利を引いた物がスワップ金利となります。
これがプラスなら金利を受け取って、マイナスなら金利を支払う必要があるのです。

たとえば買った通貨の金利が3%で売った通貨の金利が1%だった場合、2%分のスワップ金利が受け取れます。

逆に売った通貨の金利が3%で買った通貨の金利が1%だった場合、2%分のスワップ金利を支払う必要があります。

スプレッドはFX会社に支払う手数料

吹き出し①
ヒヨ
スプレッドは手数料のような物だと思おう!

スプレッドはFX会社を通じてトレードを行う時に発生する、買い取引時の為替レートと売り取引時の為替レート差のことです。

どこのFX会社もスプレッドは存在しているので、私たちが支払う手数料のようなものと理解してください。

たとえばニュースなどで「現在の外国為替市場は1ドル105円70銭から73銭の間で取引されています」などの表現がされたりします。

これは1ドルを買う場合の値段が105円73銭で、1ドルを売る場合の値段は105円70銭という意味です。

そしてFXで利益を出すためには、この差が小さければ小さいほど利益を出しやすくなります

スワップが業界最高基準で提供されている!

キャラ基本
ヒヨ
スワップが期間限定で、かなり高い水準で提供されるよ。

スワップが業界最高基準で提供されている!

画像引用元:マネースクエア(https://www.m2j.co.jp/landing/cadjpy_2018/

先ほども少し触れましたが、マネースクエアではカナダドル/円のスワップが36円と他社と比べても高い水準で提供されます。

価格の上昇が予想されている通貨で、買いスワップがこの水準というのはかなりお得と考えられるのではないでしょうか。

適用スプレッドが期間中は1.0銭!

吹き出し①
ヒヨ
期間限定でスプレッドがかなり小さくなるよ!

適用スプレッドが期間中は1.0銭!

画像引用元:マネースクエア(https://www.m2j.co.jp/landing/cadjpy_2018/

マネースクエアでは、2018年9月30日(日)までの期間はカナダドル/円のスプレッドが6.0銭から1.0銭となります。

この狭いスプレッドは他の会社と見比べても、かなり高い水準となるでしょう。

スプレッドは小さければ小さいほど利益が出しやすくなるので、この機会を逃さずにうまく利用できるといいですね。

今ならカナダドル/円が一番低コスト!

キャラ基本
ヒヨ
今なら手数料無料と合わせると一番コストが安く運用できるね!

トラリピ手数料無料

画像引用元:マネースクエア(https://www.m2j.co.jp/landing/cadjpy_2018/

カナダドル/円はスプレッドが9月30日まで1.0銭と、かなりコストが抑えることができます。

さらに今マネースクエアは2018年9月29日までトラリピの手数料無料キャンペーンもおこなっています。

この二つのキャンペーンを合わせて運用すれば、カナダドル/円はどの通貨よりもコストを抑えて運用することができるでしょう。
ということは同じ通貨を同じ設定で運用していたとしても、トラリピで運用し直した方が利益を増やしやすいということです。

スプレッドや手数料などをこんなに抑えて運用できることはなかなかないので、今このチャンスをうまくいかしましょう!

マネースクエア_カナダドル

まとめ:一番コストが安いカナダドル/円でトラリピを始めてみよう!

吹き出し①
ヒヨ
カナダドル/円でトラリピを運用してみてもいいかもしれないね!

もしトラリピをこれから始めようと思っているなら、手数料無料とスプレッドが小さいカナダドル/円がオススメでしょう。

これからの値動きを予想しても価格が上がっていく可能性が高いので、買い目線で設定を考えてみるといいと思います。

ただし一時的に80円割れという場面があるかもしれないので、低い価格でも拾えるように余裕がある取引を心掛けましょう

トラリピの口座を開設する

また具体的にどんな設定でカナダドル/円を運用すればいいのかわからない場合は、「CAD/JPYでトラリピの設定レンジを考えてみよう!」も参考にしてみてください。

CAD/JPYでトラリピの設定レンジ

投資を始めるならまずはこの3つ

投資を始めるなら「トラリピ」「トライオートFX」「トライオートETF」からまずは挑戦してみよう。
初心者でも簡単に始められる自動売買だから相場を予想する必要はありません。
毎日ほったらかしでコツコツ利益を積み重ねてくれます。

マネースクエアの「トラリピ」はトレンド相場で利益を伸ばしてくれます。
インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法でオリジナルの注文設定ができるんです。
インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買できるサービスとなっています。

トラリピの「マネースクエア」

マネースクエア

「マネースクエア」が提供する特許取得の取引注文「 トラリピ」が人気!トラリピは自動売買なので感情に左右されず機械的に取引ができます。チャートを毎日見なくてもいいので仕事中でも遊んでいる時でもコツコツ利益を出してくれます。また初心者から経験者まで好評のリスクが学べるセミナーや情報が充実。投資が初めてな方にオススメ!

インヴァスト証券の「トライオートFX」

トライオート

インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法があるので自分の思ったトレードスタイルが作れちゃう!細かい設定ができるのであなたの好みの自動売買が作れます。またオートパイロット機能は売買方針の「上昇」「下降」「レンジ」から選べるので初心者でも簡単に始められます。ルール通りの売買をおこなうのでほっとくだけで機械的に利益を積み重ねることができるでしょう。

インヴァスト証券の「トライオートETF」

トライオートETF

インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買が可能なサービス。自動売買ではリピート注文(自動連続注文)を採用しているので毎日の値動きに対して自動で新規注文や決済を繰り返してくれます。過去の実績から選ぶだけの自動売買セレクトがあるので初心者の方でも簡単に始めることができます。また自動売買を自分で作りたい場合もわかりやすい機能を標準しているので安心です。

人気記事

ヒヨが運用しているNZD/USDのトラリピ設定を詳しく解説! 1

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はヒヨが実際に運用しているNZD/USDの設定を公開したいと思います。 たとえば 「これからトラリピを始めようと思っている」 「トラリピに興味があるけどイメージがわか ...

ほったらかしでいいFXのトラリピとは?初心者にオススメの手法 2

ヒヨ こんにちは!ヒヨです。 今日は私も実際に運用しているマネースクエアのトラリピについて詳しく解説していきます。 将来について不安を感じていて、資産運用に興味があるならピッタリの方法だとヒヨは思って ...

誰でも簡単!マネースクエア口座の手順や開設方法を解説! 3

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はトラリピを始めてみたい方に、口座開設の手順や方法を紹介します。 たとえば 「トラリピを始めたいけど何から手をつけていいかわからない」 「口座開設って複雑そうだけど難 ...

-トラリピ

Copyright© 将来が不安で副業始めました , 2019 All Rights Reserved.