お知らせ

5月26日からマネースクエアの取引ルールと取引画面が一新されました。

トライオートETF

トライオートETFに新しいロジック「ライジング」登場!特長や違い

トライオートETFに新しいロジック「ライジング」登場!特長や違い

https://shoukojima.com

キャラ基本
ヒヨ
こんにちは!ヒヨです!!

僕も利用しているインヴァスト証券のトラオートETFから新しい自動売買ロジックが登場しました
名前は「ライジング」といかにも利益を出してくれそうな名前ですね。

ライジング

トライオートETFは初心者でも始めやすい自動売買が人気で私も使わせてもらっています。

今は自分で自動売買のロジックを組んで設定していますが・・・。
まあその話しを始めると長くなるので別の機会にします。

本題に戻りますが、このライジングは以前からある「スリーカード」「追尾」と何が違うのでしょうか?
その違いと使いどころを紹介します。

トライオートETF

ライジングは「スリーカード」「追尾」と何が違う?

トライオートETFで自動売買を使ったことある方には、「ライジングはスリーカードよりもさらに上昇トレンドで利益が取れるロジック」といえばわかりやすいかもしれません。

簡単に一言でいうと、今まで上昇トレンドはスリーカードが1番利益の取れたロジックだったけれど、もっと利益が取れるライジングというロジックが追加されたということです。

現在トライオートETFで選択できる自動売買ロジックは

  • 追尾型
  • スリーカード
  • ライジング

があります。
ではそれぞれに関して、どんなロジックなのか説明しましょう。

「追尾」はレンジ相場に強いロジック

追尾型のロジックは、レンジ相場を想定して設定されています。
そのためレンジ相場では他の2つのロジックと比べて多くの利益を出してくれます

追尾

具体的には同じ間隔で買いの注文を出して、注文間隔と同じ値幅上昇したら売るというシステムです。

たとえば10円ごとに1本の注文を出していた場合、10円上昇したら売るということとなります。
相場に方向感がなくて、価格が上がったり下がったりしている時に利益を出しやすいロジックです。

考え方はマネースクエアのトラリピを同じ考え方となります。
私もロジックを考える時はこの方法をベースにしていることが多いです。

「スリーカード」は上昇トレンドに強いロジック

インヴァスト証券でトライオートETFを始めた時にスゴイと思ったのは、この「スリーカード」です。
特徴は下がった時にあまり買わないで、相場が上昇トレンドになり上がっている時に買って売る注文を細かく繰り返すこと。

スリーカード

大きなトレンドが発生している時に大きく利益を取ってくれるので、大きく利益を伸ばしやすいのが魅力です。

またトライオートETFは株式市場を対象した商品となります。
株式市場は企業の成長に合わせて価格が上がるという基本的な特徴があります。

そのためこのロジックは、株式市場の特徴をうまくとらえたシステムといえるでしょう。

為替市場だと上がり続けることはなく、価格はある一定の範囲でいったり来たりします。
そのためレンジ相場になりやすく、このロジックではあまり利益を伸ばせません。

たとえば米ドル/円は100円から200円を目指すこと値動きはまずありません。
しかし株式市場は上を目指す特徴があるので、とても相性がいいのです。

新しい「ライジング」は上昇トレンド特化型

そんな上昇トレンドに強いスリーカードをさらに発展させたのが、「ライジング」といえます。

基本的なロジックはスリーカードと同じですが、安値で買ったポジションを少し上がったところで売らずに、しっかり利益が出たところで売るのが特徴です。

ライジング

上昇トレンドで細かく買って細かく売る動きをするのは一緒ですが、ライジングでは安値で買ったポジションだけ売らずに高く価格が上がるまで持ち続けます

スリーカードのような小刻みに注文を繰り返す注文と、取引回数は少ないけれど大きく利幅を稼ぐ注文の2種類を組み合わせることで、上昇局面でがっちりと利益を取りにいけます。

「ライジング」と「スリーカード」は何が違うの?

インヴァスト証券のサイトで、ライジングとスリーカードを比較したデータの公開していたので使わせて頂きました。
2017年前半の上昇相場で比較した実績です。

相場

キレイな上昇トレンドを刻んでいます。
この上昇トレンドで「追尾型」「スリーカード」「ライジング」の利益を比較した結果です。

利益表

この表は2017年1月1日~2017年3月1日の3ヵ月で、ナスダック100トリプルを証拠金約140万円で運営した時の結果です。
実現利益は追尾型が約4万円、スリーカードが約10万円、ライジングが約20万円とライジングがトレンド相場では圧倒的に有利なのがわかります。

スリーカードの2倍も利益を出しているなんて驚きです!

しかも利益率も脅威の14.3%

これはなかなか出せない数字だと思います。

ライジングはナスダック100トリプルがオススメ

このように驚きの利益率を出すライジングですが、すべての銘柄で選択できるわけではありません

インヴァスト証券では2014年1月~現在までの全銘柄でバックテストをおこなって、結果がよかった銘柄だけを対象銘柄としています。
なぜなら小幅な価格変動を繰り返す傾向がある銘柄は、逆に投資効率を下げてしまう可能性があるからです。

そのため一定の条件を満たした以下の銘柄だけが、ライジングの対応銘柄となりました。

  • MSCIワールド
  • 金融株トリプル
  • 中国代表株50
  • EU大型株ヘッジ
  • 投資適格社債
  • S&P500ダブル
  • ナスダック100トリプル
  • バンガード新興国株
  • エネルギー株
  • 資本財株

しかしどの銘柄を選んでいいのか悩んでしまう場合もあるでしょう。

キャラ基本
ヒヨ
オススメはナスダック100トリプルです。

なぜかというとトライオートETFで1番人気の銘柄であり、米国ナスダック100指数の3倍の値動きをするETFで、かなり激しい値動きが特徴だから。

しかも先ほどの運営成績をみても圧倒的に他の銘柄よりも利益を出してくれるでしょう。

ナスダック100トリプルで運営する時の注意点

期待値がかなり高くなるライジングですが、いきなり資産全部をつぎ込んでしまわないように少し注意点を話しておきます。

ますライジングは、大前提として長期的に上昇するシナリオにもとづいて作られています

その理由は米国市場が長期的に見て最高値を更新し続けている成長相場だからです。
だからといって、すべてのシーンでライジングが活躍するわけではありません。

上昇トレンドでは大きな力を発揮しますが、下落局面では他のロジックに比べて評価損が膨らむ可能性があります

そのため利益ばかりを追求して、必要以上にポジションを持ってしまわないように注意が必要です。
できれば他のロジックとうまく組み合わせて運用すると、リスクも利益もバランスよく取れる自動売買になるでしょう。

ヒヨがライジングで運用するなら

私は自分でロジックを考えてトライオートETFを利用しているので、ライジングを使って運営することは今の所ありません。
もし資金に余裕ができればやるかもしれませんが。

しかし実際に運用している銘柄はナスダック100トリプルなので、もしヒヨが「ライジングを使ってナスダック100トリプルを運用するなら」と考えてみました。

もし利用を考えている方は参考にしてみてください。
まずナスダック100トリプルは今年のはじめに暴落を記録しています。

ナスダック100

※2018年6月現在

そのあとは高値と安値でうろうろしているのでレンジ相場です。

このことを踏まえて、基本的に米国株式は上昇トレンドだが下落をする時はかなりの下げがある、しかも下げた後はレンジになりやすい。と直近の状況では考えられます。

もちろん状況が変われば見立ても変わるので、相場が変われば戦略も考えなおす必要があるでしょう。

そのため「ライジング」「スリーカード」「追尾型」をバランスよく使って運用します。

たとえば50万円で運用した場合

  1. ライジング:15口
  2. スリーカード:3口
  3. 追尾型:2口

と割り振ります。

この時の推奨証拠金は、50万4207円です。

サンプルロジック

正確には51万円必要なプランですが、これならバランスよく利益を取りながら上昇トレンドでガッツリ利益を取ることができます。
また相場がいきなり暴落しない限り、利益が積み重なるのでロスカットになりにくくなります。

トライオートETF

まとめ:トライオートETFのライジングをうまく活用しよう

初心者の方ほど裁量によるトレードより自動売買の方がいいと思います。
これはヒヨの実体験からいえることです。

ヒヨ自信、投資を始めたキッカケはFXです。
しかもハイレバレッジをかけながら裁量でトレードをしていたので、最初の方は資金を溶かしてばかりでした。

それでもインジケーターを勉強してチャートを読めるようになり、自分なりの勝ちパターンもわかるようになりましたが、時間がかかりすぎました(笑)
今まで溶かした資金と稼いだ資金はほぼプラマイゼロです。

今でも裁量でトレードすればある程度勝てると思うので、増やしていく自信はあります。
しかしチャートを見て相場を分析する時間や精神的な疲労を伴うので、仕事をしながらは結構ハードな生活です。

それなら自動売買を使って少しリスクを取りながら、コツコツ資産を増やした方がいいと思います。

もちろん大きく稼ぎたいのであれば、レバレッジを大きく掛けた裁量トレードの方が利益は大きいでしょう。
しかし初心者の方がこれをやるときっと資金を溶かしてしまいます。

そうなるくらいなら、インヴァスト証券がいくつもバックテストをして作ってくれたロジックを利用した方が確実に稼げるでしょう。

しかし投資はリスクがつきものです。
自分の許容できる資金と相談しながら投資金額を決めましょう

リスクに関しては投資を始める前に考えるにはリスク!失敗する前に読もうで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

吹き出し①
ヒヨ
最後まで読んでくださってありがとうございました。

投資を始めるならまずはこの3つ

投資を始めるなら「トラリピ」「トライオートFX」「トライオートETF」からまずは挑戦してみよう。
初心者でも簡単に始められる自動売買だから相場を予想する必要はありません。
毎日ほったらかしでコツコツ利益を積み重ねてくれます。

マネースクエアの「トラリピ」はトレンド相場で利益を伸ばしてくれます。
インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法でオリジナルの注文設定ができるんです。
インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買できるサービスとなっています。

トラリピの「マネースクエア」

マネースクエア

「マネースクエア」が提供する特許取得の取引注文「 トラリピ」が人気!トラリピは自動売買なので感情に左右されず機械的に取引ができます。チャートを毎日見なくてもいいので仕事中でも遊んでいる時でもコツコツ利益を出してくれます。また初心者から経験者まで好評のリスクが学べるセミナーや情報が充実。投資が初めてな方にオススメ!

インヴァスト証券の「トライオートFX」

トライオート

インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法があるので自分の思ったトレードスタイルが作れちゃう!細かい設定ができるのであなたの好みの自動売買が作れます。またオートパイロット機能は売買方針の「上昇」「下降」「レンジ」から選べるので初心者でも簡単に始められます。ルール通りの売買をおこなうのでほっとくだけで機械的に利益を積み重ねることができるでしょう。

インヴァスト証券の「トライオートETF」

トライオートETF

インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買が可能なサービス。自動売買ではリピート注文(自動連続注文)を採用しているので毎日の値動きに対して自動で新規注文や決済を繰り返してくれます。過去の実績から選ぶだけの自動売買セレクトがあるので初心者の方でも簡単に始めることができます。また自動売買を自分で作りたい場合もわかりやすい機能を標準しているので安心です。

人気記事

ヒヨが運用しているNZD/USDのトラリピ設定を詳しく解説! 1

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はヒヨが実際に運用しているNZD/USDの設定を公開したいと思います。 たとえば 「これからトラリピを始めようと思っている」 「トラリピに興味があるけどイメージがわか ...

ほったらかしでいいFXのトラリピとは?初心者にオススメの手法 2

ヒヨ こんにちは!ヒヨです。 今日は私も実際に運用しているマネースクエアのトラリピについて詳しく解説していきます。 将来について不安を感じていて、資産運用に興味があるならピッタリの方法だとヒヨは思って ...

誰でも簡単!マネースクエア口座の手順や開設方法を解説! 3

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はトラリピを始めてみたい方に、口座開設の手順や方法を紹介します。 たとえば 「トラリピを始めたいけど何から手をつけていいかわからない」 「口座開設って複雑そうだけど難 ...

-トライオートETF

Copyright© 将来が不安で副業始めました , 2019 All Rights Reserved.