お知らせ

5月26日からマネースクエアの取引ルールと取引画面が一新されました。

トライオートFX

トライオートFXのスプレッドや手数料は?取引に必要なコスト

トライオートFXのスプレッドや手数料は?取引に必要なコスト
キャラ基本
ヒヨ
こんにちは!ヒヨです!!

今日はトライオートFXを利用する時に必要となってくるコストや手数料について詳しく解説したいと思います。

そもそも手数料などがかかってくることは知っていましたか?
主にFX会社を利用した時にかかっているのは、スプレッドなどがあります。

しかし自動売買などのサービスはスプレッドとは別に、取引手数料を取られることがあるのです。

もしかしたら

「自動売買って手数料が必要なの?」
「スプレッドとは別の手数料っていくら?」
「それくらい利益に影響があるの?」

などこれからFXで自動売買を始めようと思った時に、必要となってくるコストは気になりますよね?

資産運用を始めようと思った時は、「なるべくコストを抑えて資産を運用したい」と思うのが普通です。
とくに長期運用を考えている場合は、取引の度にかかってくる費用に関しては少しでも抑えたいと思うでしょう。

またできることなら、コストも手数料も安いサービスを利用したいと思いますよね。
そう思った時に気になる、トライオートFXのスプレッドや手数料を詳しく見てみましょう。

トライオート

そもそもトライオートFXって何?

そもそもトライオートFXとは?

手数料やコストについて説明する前に、トライオートFXがどんなサービスなのか紹介しておきましょう。

トライオートFXは簡単かつ自由に設定できる自動売買機能により、「FXで長期運用」を目指すインヴァスト証券独自のFXサービスです。

普段からチャートを見てトレードする時間がない場合や、トレードのチャンスを逃したくない時に便利な自動売買を利用することができるサービスを提供してくれています。
そしてトライオートFXは4つの特徴があります。

トライオートFXは業界最狭水準スプレッド

吹き出し①
ヒヨ
スプレッドが狭いからコストが抑えれるね!

トライオートFXのスプレッドは、「米ドル/円0.3銭」「ユーロ/米ドル0.3pips」「英ポンド/円1.0銭」など各通貨ペア業界最狭水準の原則固定スプレッドで取引ができます。

マニュアル売買や自動売買も低スプレッドで取引できるのが魅力的です。

スプレッド

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

1,000通貨対応で少額取引が可能

キャラ基本
ヒヨ
少額からでも取引ができるのは助かるね!

最低取引単位が1000通貨、取引証拠金は約4000円で取引をすることができます。
少ない資金でも始めることができるので小口の注文も可能です。

取引通貨数

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

独自の自動売買機能

吹き出し①
ヒヨ
自動売買機能が充実しているね!

トライオートFXの自動売買は、条件を設定するだけで「新規⇒決済⇒新規」を繰り返す連続注文ができます。
また注文設定とセーフティー設定で自動売買、自動停止を設定することが可能です。

自分で設定を考えることができれば、自動売買の幅は広がります。

独自の売買機能

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

年間収益率30%以上の自動売買「レンジ追尾」が利用できる

キャラ基本
ヒヨ
為替相場を予想できなくてもトレードができるよ!

相場が上がるか下がるかを予想しないで、為替相場のレンジの動きを捉えて買いと売りを同時に設定する自動売買設定が「レンジ追尾」です。
取引ツールから選んで稼動設定するだけなので、初心者でも簡単に利用することができます。

レンジ

レンジ利益

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

トライオートFXの手数料やコスト

トライオートFXの手数料やコスト

では本題のトライオートFXのコストも詳しく解説しましょう。

設定の自由度やコスト面でとても優秀な、トライオートFXはオススメのサービスです。
いったいどれくらいのスプレッドや手数料がかかるのでしょうか。

FXの自動売買にかかるは2種類

吹き出し①
ヒヨ
スプレッドや手数料って何?

まずFXで自動売買をする時にかかるコストは何があるのか説明します。

FXの自動売買で必要となるコストは2種類あって、「取引手数料」「スプレッド」というものが必要です。
それぞれどんな時に必要となるのでしょうか?

取引手数料って何?

取引手数料は、1回の取引に一定の金額が徴収される物です。
また取引手数料は注文を約定したときと決済したときにかかってくるので、往復分の手数料が必要となります。

スプレッドって何?

スプレッドとは、「買値(ask)」と「売値(bid)」との価格差のことです。
FX会社からは外貨交換手数料として徴収されています。

FXの取引では買値(ask)が売値(bid)よりも高いので、最初にポジションを持った瞬間はスプレッド分だけマイナスでスタートすることとなるでしょう。

これら「取引手数料とスプレッド」2つを合わせたのが、FXで自動売買をする時のコストとなります。

トライオートFXで必要なコスト

吹き出し①
ヒヨ
トライオートFXはどれくらいコストが必要なの?

では気になるコストや手数料をチェックしましょう。
スプレッドや手数料がどれくらいかかるか知っておけば、どの通貨ペアで運用するか考えた時に役立ちます。

トライオートFXのスプレッド

先ほども少し紹介しましたが、トライオートFXのスプレッドを表にしました。

通貨ペアスプレッド
USD/JPU0.3pips
EUR/JPY0.5pips
EUR/USD0.3pips
AUD/JPY0.6pips
AUD/USD1.4pips
NZD/JPY1.7pips
NZD/USD2.0pips
CAD/JPY1.9pips
GBP/JPY1.0pips
TRY/JPY5.5pips
ZAR/JPY1.8pips
CHF/JPY2.0pips
GBP/USD1.4pips
EUR/GBP1.9pips
USD/CHF2.0pips

これらを見てわかると思いますがトライオートFXのスプレッド幅はドル円0.3銭など、FX業界最狭スプレッドを誇っています。

ドル円やオーストラリアドル円、ユーロドルのスプレッドは業界でも狭い分類に入るでしょう。
しかもスプレッド幅は原則固定となっており、どんな時間でも一定のスプレッドで取引することが可能です。

トライオートFXの手数料は?

トライオートFXでは、スプレッドと別に手数料がかかるしくみになっています。

マニュアル取引ではスプレッドだけしか発生しないですが、オートパイロットを使用した取引になると手数料が発生するのです。
つまり自動売買ツールを利用すると、別途手数料が必要となります。

取引数量新規決済1000通貨あたり
1万通貨未満2.0pips2.0pips片道20円(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満10pips10pips片道10円(対外貨は0.1外貨)
10万通貨以上50万通貨未満0.5pips0.5pips片道5円(対外貨は0.5外貨)
50万通貨以上 無料無料

ちなみに手数料は別途徴収しないで、約定価格に手数料を加味した価格が取引価格となるんです。
またFXの手数料は新規ポジションを取った時、決済した時にそれぞれかかります。

たとえば1000通貨の片道手数料が20円の場合は、買って売って(新規、決済)の往復で40円の手数料が必要です。

スプレッドと手数料を合わせたコスト

スプレッドと手数料を合わせたコストの表を作りました。

通貨ペア、1万通貨単位未満 1万通貨以上10万通貨未満 10万通貨以上50万通貨未満 50万通貨以上

通貨ペア1万通貨単位未満1万通貨以上10万通貨未満10万通貨以上50万通貨未満50万通貨以上
USD/JPY4.3pips2.3pips1.3pips0.3pips
EUR/JPY4.5pips2.5pips1.5pips0.5pips
EUR/USD4.3pips2.3pips1.3pips0.6pips
AUD/JPY4.6pips2.6pips1.6pips1.7pips
NZD/JPY5.7pips3.7pips2.7pips1.0pips
GBP/JPY5.0pips3.0pips2.0pips1.0pips
CHF/JPY6.0pips4.0pips3.0pips2.0pips
CAD/JPY5.9pips3.9pips2.9pips1.9pips
ZAR/JPY5.8pips3.8pips2.8pips1.8pips
TRY/JPY9.5pips7.5pips6.5pips5.5pips
GBP/USD5.4pips3.4pips2.4pips1.4pips
AUD/USD5.4pips3.4pips2.4pips1.4pips
NZD/USD6.0pips4.0pips3.0pips2.0pips
USD/CHF6.0pips4.0pips3.0pips2.0pips
EUR/GBP5.9pips3.9pips3.0pips2.0pips
EUR/AUD5.9pips4.0pips2.9pips1.9pips
AUD/NZD9.8pips7.8pips6.8pips5.8pips

実質的にかかってくるコストはこのようになります。

大体4.0pips~6.0pipsくらいのコストが必要でしょう。

トライオート

まとめ:トライオートFXは比較的リーズナブルなコストで運用できる

吹き出し①
ヒヨ
トライオートFXはそんなに高いコストではないね!

トライオートFXで自動売買を運用した時のコストについて詳しく解説しました。
スプレッドや取引手数料は、1回ごとにかかるコストです。

金額だけで見ると1回にかかるコストはそれほど多くありません。
しかし何回、何十回も重なるとそれなりの金額になっていきます。

取引にかかるコストだけで決めることはよくありませんが、せめてどれくらいのコストが必要なのかは把握しておきましょう。

またヒヨはトライオートFXの他にも、トラリピも利用しています。
2つの方法を利用することで、リスクを減らすために分散投資をしているのです。

そんなトラリピとトライオートFXのコストは、下記の記事で比較しています。
よかったら参考にしてください。

トラリピとトライオートFXのコストを比較!

吹き出し①
ヒヨ
最後まで読んでくれてありがとうございます!

投資を始めるならまずはこの3つ

投資を始めるなら「トラリピ」「トライオートFX」「トライオートETF」からまずは挑戦してみよう。
初心者でも簡単に始められる自動売買だから相場を予想する必要はありません。
毎日ほったらかしでコツコツ利益を積み重ねてくれます。

マネースクエアの「トラリピ」はトレンド相場で利益を伸ばしてくれます。
インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法でオリジナルの注文設定ができるんです。
インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買できるサービスとなっています。

トラリピの「マネースクエア」

マネースクエア

「マネースクエア」が提供する特許取得の取引注文「 トラリピ」が人気!トラリピは自動売買なので感情に左右されず機械的に取引ができます。チャートを毎日見なくてもいいので仕事中でも遊んでいる時でもコツコツ利益を出してくれます。また初心者から経験者まで好評のリスクが学べるセミナーや情報が充実。投資が初めてな方にオススメ!

インヴァスト証券の「トライオートFX」

トライオート

インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法があるので自分の思ったトレードスタイルが作れちゃう!細かい設定ができるのであなたの好みの自動売買が作れます。またオートパイロット機能は売買方針の「上昇」「下降」「レンジ」から選べるので初心者でも簡単に始められます。ルール通りの売買をおこなうのでほっとくだけで機械的に利益を積み重ねることができるでしょう。

インヴァスト証券の「トライオートETF」

トライオートETF

インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買が可能なサービス。自動売買ではリピート注文(自動連続注文)を採用しているので毎日の値動きに対して自動で新規注文や決済を繰り返してくれます。過去の実績から選ぶだけの自動売買セレクトがあるので初心者の方でも簡単に始めることができます。また自動売買を自分で作りたい場合もわかりやすい機能を標準しているので安心です。

人気記事

ヒヨが運用しているNZD/USDのトラリピ設定を詳しく解説! 1

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はヒヨが実際に運用しているNZD/USDの設定を公開したいと思います。 たとえば 「これからトラリピを始めようと思っている」 「トラリピに興味があるけどイメージがわか ...

ほったらかしでいいFXのトラリピとは?初心者にオススメの手法 2

ヒヨ こんにちは!ヒヨです。 今日は私も実際に運用しているマネースクエアのトラリピについて詳しく解説していきます。 将来について不安を感じていて、資産運用に興味があるならピッタリの方法だとヒヨは思って ...

誰でも簡単!マネースクエア口座の手順や開設方法を解説! 3

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はトラリピを始めてみたい方に、口座開設の手順や方法を紹介します。 たとえば 「トラリピを始めたいけど何から手をつけていいかわからない」 「口座開設って複雑そうだけど難 ...

-トライオートFX

Copyright© 将来が不安で副業始めました , 2019 All Rights Reserved.