お知らせ

5月26日からマネースクエアの取引ルールと取引画面が一新されました。

トライオートFX トラリピ

トラリピとトライオートFXのスプレッドや手数料を比較!コストは?

トラリピとトライオートFXのスプレッドや手数料を比較!コストは?
キャラ基本
ヒヨ
こんにちは!ヒヨです!!

今日はトラリピやトライオートFXなど、自動売買を利用する時にかかってくるコストや手数料について詳しく解説したいと思います。
そもそもコストとか手数料が必要なことを知らない方もいると思います。

たとえば

「自動売買ってどんなコストがかかるの?」
「手数料ってどんな時に必要なの?」
「必要なコストってどれくらいになるの?」

などこれからFXで自動売買を始めようと思った時に、何を支払う必要があるのか気になりますよね。

たしかに「なるべくコストを抑えて資産を運用したい」と思うのが普通です。
とくに運用を考えている場合は、取引の度にかかってくる費用に関してシビアに考えてしまうと思います。

できることならコストも手数料も安いサービスを利用したいと思いますよね。
ではそんなFXの自動売買を利用した時に、必要となってくるコストや手数料に関して詳しく解説していきましょう。

マネースクエア

トラリピの手数料やコストを検証

トラリピの手数料やコストを検証

まずマネースクエアが提供しているトラリピのコストや手数料について詳しくまとめてみましょう。
そもそもトラリピって何?と思う方は以下の記事を参考にしてください。

トラリピとは?

一応ここでも特徴は軽く紹介しておきます。

トラリピはどんなサービス?

吹き出し①
ヒヨ
トラリピってどんな自動売買なの?

マネースクエアが提供する、FXの自動発注機能のことを「トラリピ」と呼んでいます。
トラリピはトラップ・リピート・イフダンの略で、3段階の注文で構成された方法です。

  1. イフダン注文(IFD)・・・新規注文と決済注文をセットで発注
  2. リピートイフダン注文(RIFD)・・・イフダン注文を繰り返し発注
  3. トラップリピートイフダン注文・・・リピートイフダン注文を等間隔に複数仕掛ける

このように狙った値幅の中でいくつもの「新規注文」と「決済注文」を指値で発注して、相場が動くと次々と注文が約定し、繰り返される仕組みです。

また相場の高値や安値を狙うのではなく、上げと下げを繰り返すことによる値動きを狙うのでとくにレンジ相場で威力を発揮します
さらに一度設定すればほぼ放置できるので、毎日チャートを見て一喜一憂する必要もなく、日頃忙しいサラリーマンの方などにオススメの手法です。

マネースクエア「トラリピとは(FX)」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より動画引用

最大の特徴は決済トレール

トラリピ最大の特徴といってもいいのが、決済トレールとなります。

決済トレールとは決済価格が値動きのトレンドを追いかけることで、利益も伸ばしていくトラリピ専用の機能のことです。
レンジ相場向きのトラリピに決済トレールが加わることで、トレンド相場でも取引機会をねらうことが可能となっています。

決済トレール

マネースクエア「決済トレール」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

このようにほったらかしで、コツコツ利益を出せるのがトラリピの特徴です。
決済トレールもあるので、トレンドを追いかけて利益を伸ばすこともできます。

トラリピで必要なコスト

キャラ基本
ヒヨ
どれくらいのコストが必要なの?

では気になるコストや手数料を見てみましょう。

先に言っておきますが、トラリピの注文コストは比較的高い部類に入ります。
ちなみにトラリピに限ってのコストではなく、マネースクエアのコストなので手動で注文しても同じコストが必要です。

しかし手数料が高い代わりに柔軟性が高く、使いやすさや注文の簡単さがあります。

トラリピのスプレッドは?

トラリピのスプレッドを表にしました。

通貨ペアスプレッド
USD/JPY3.0pips
EUR/JPY4.0pips
EUR/USD5.0pips
AUD/JPY5.0pips
AUD/USD5.0pips
NZD/JPY7.0pips
NZD/USD4.0pips
CAD/JPY6.0pips
GBP/JPY7.0pips
TRY/JPY8.0pips
ZAR/JPY3.0pips

トラリピのスプレッドはこんな感じになっています。

ドル円では3.0pipsもスプレッドがあるのがわかりますか?
そのため売りの時に101.100だと、買いでは101.130ということです。

他のFX会社でも平均0.3pips~0.4pipsくらいだと思うと、なかなかパンチの効いた値ですね。

ココに注意

マネースクエアはスプレッドを公開していないので個人的に算出した数値です。原則固定とかではないので注意してください。

トラリピの手数料は?

要チェック!

2018年9月29日からトラリピの手数料は無料となります!

スプレッドだけでも高いと感じるかもしれませんが、さらに取引数量に応じて手数料もかかります。

通貨ペア取引単位手数料(片道)pips換算
ZAR/JPY以外
10通貨ペア
1万通貨以上1,000通貨単位あたり30円(対ドル通貨0.3ドル)3.0pips
1万通貨未満1,000通貨単位あたり50円(対ドル通貨0.5ドル)5.0pips
せま割対応注文1,000通貨単位あたり10円(対ドル通貨0.1ドル)1.0pips
ZAR/JPY 1万通貨以上1万通貨単位あたり200円2.0pips
1万通貨未満不可不可
せま割対応注文1万通貨単位あたり100円1.0pips

ちなみにこれらは片道の手数料です。

この手数料は別で取られるわけではなく、実質的にはスプレッドに組み込まれることになっています。

ココに注意

ZAR/JPYは1万通貨からの取引です。

スプレッドと手数料を合わせたコストを検証

スプレッドと手数料を合わせたコストの表を作りました。
実際にどれくらいのコストかかるのか見てみましょう。

通貨ペア1万通貨単位未満1万通貨単位以上せま割対応注文
USD/JPY13.0pips9.0pips5.0pips
EUR/JPY14.0pips10.0pips6.0pips
EUR/USD15.0pips11.0pips7.0pips
AUD/JPY15.0pips11.0pips7.0pips
AUD/USD15.0pips11.0pips7.0pips
NZD/JPY17.0pips13.0pips9.0pips
NZD/USD14.0pips10.0pips6.0pips
CAD/JPY 15.0pips11.0pips7.0pips
GBP/JPY17.0pips13.0pips9.0pips
TRY/JPY 18.0pips14.0pips10.0pips

実質的なコストはこの通りです。

トラリピで1万通貨単位以上の注文をすると、数百万単位の資金が必要なので短中期の運用としてレンジ幅を狭く設定する必要があると思います。
そのため多く方は、1万通貨未満の欄が該当するでしょう。

これだとUSD/JPYを1000通貨注文で50銭(500円)の利食いに成功した場合、コストが13pipsなので実現益は370円となります。

ココがポイント

今なら2018年9月29日まで手数料無料のキャンペーンをやっています。

トライオートFXの手数料やコスト

トライオートFXの手数料やコスト

インヴァスト証券が提供している、トライオートFXのコストも詳しく解説しましょう。

トラリピも魅力的なサービスだと思いますが、設定の自由度やコスト面で比べるとトライオートFXもオススメのサービスです。
ますはトライオートFXがどんなサービスなのか紹介しましょう。

トライオートFXってどんなサービス?

キャラ基本
ヒヨ
トライオートFXってどんなサービスなの?

トライオートFXは簡単かつ自由に設定できる自動売買機能により、「FXで長期運用」を目指すインヴァスト証券独自のFXサービスです。

普段からチャートを見てトレードする時間がない場合や、トレードのチャンスを逃したくない時に便利な自動売買を利用することができるサービスを提供してくれています。
そしてトライオートFXは4つの特徴があります。

トライオートFXは業界最狭水準スプレッド

吹き出し①
ヒヨ
スプレッドが狭いからコストが抑えれるね!

トライオートFXのスプレッドは、「米ドル/円0.3銭」「ユーロ/米ドル0.3pips」「英ポンド/円1.0銭」など各通貨ペア業界最狭水準の原則固定スプレッドで取引ができます。

マニュアル売買や自動売買も低スプレッドで取引できるのが魅力的です。

スプレッド

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

1,000通貨対応で少額取引が可能

キャラ基本
ヒヨ
少額からでも取引ができるのは助かるね!

最低取引単位が1000通貨、取引証拠金は約4000円で取引をすることができます。
少ない資金でも始めることができるので小口の注文も可能です。

取引通貨数

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

独自の自動売買機能

吹き出し①
ヒヨ
自動売買機能が充実しているね!

トライオートFXの自動売買は、条件を設定するだけで「新規⇒決済⇒新規」を繰り返す連続注文ができます。
また注文設定とセーフティー設定で自動売買、自動停止を設定することが可能です。

自分で設定を考えることができれば、自動売買の幅は広がります。

独自の売買機能

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

年間収益率30%以上の自動売買「レンジ追尾」が利用できる

キャラ基本
ヒヨ
為替相場を予想できなくてもトレードができるよ!

相場が上がるか下がるかを予想しないで、為替相場のレンジの動きを捉えて買いと売りを同時に設定する自動売買設定が「レンジ追尾」です。
取引ツールから選んで稼動設定するだけなので、初心者でも簡単に利用することができます。

レンジ

レンジ利益

インヴァスト証券「トライオートFXスタートガイド」(https://www.invast.jp/blogs/fx-start-guide/)より画像引用

トライオートFXで必要なコスト

吹き出し①
ヒヨ
トライオートFXはどれくらいコストが必要なの?

では気になるコストや手数料をチェックしましょう。
スプレッドや手数料がどれくらいかかるか知っておけば、どの通貨ペアで運用するか考えた時に役立ちます。

トライオートFXのスプレッド

トライオートFXのスプレッドを表にしました。

通貨ペアスプレッド
USD/JPU0.3pips
EUR/JPY0.5pips
EUR/USD0.3pips
AUD/JPY0.6pips
AUD/USD1.4pips
NZD/JPY1.7pips
NZD/USD2.0pips
CAD/JPY1.9pips
GBP/JPY1.0pips
TRY/JPY5.5pips
ZAR/JPY1.8pips
CHF/JPY2.0pips
GBP/USD1.4pips
EUR/GBP1.9pips
USD/CHF2.0pips

これらを見てわかると思いますがトライオートFXのスプレッド幅はドル円0.3銭など、FX業界最狭スプレッドを誇っています。

ドル円やオーストラリアドル円、ユーロドルのスプレッドは業界でも狭い分類に入るでしょう。
しかもスプレッド幅は原則固定となっており、どんな時間でも一定のスプレッドで取引することが可能です。

トライオートFXの手数料は?

トライオートFXでは、スプレッドと別に手数料がかかるしくみになっています。

マニュアル取引ではスプレッドだけしか発生しないですが、オートパイロットを使用した取引になると手数料が発生するのです。
つまり自動売買ツールを利用すると、別途手数料が必要となります。

取引数量新規決済1000通貨あたり
1万通貨未満2.0pips2.0pips片道20円(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満10pips10pips片道10円(対外貨は0.1外貨)
10万通貨以上50万通貨未満0.5pips0.5pips片道5円(対外貨は0.5外貨)
50万通貨以上 無料無料

ちなみに手数料は別途徴収しないで、約定価格に手数料を加味した価格が取引価格となるんです。
またFXの手数料は新規ポジションを取った時、決済した時にそれぞれかかります。

たとえば1000通貨の片道手数料が20円の場合は、買って売って(新規、決済)の往復で40円の手数料が必要です。

スプレッドと手数料を合わせたコスト

スプレッドと手数料を合わせたコストの表を作りました。

通貨ペア、1万通貨単位未満 1万通貨以上10万通貨未満 10万通貨以上50万通貨未満 50万通貨以上

通貨ペア1万通貨単位未満1万通貨以上10万通貨未満10万通貨以上50万通貨未満50万通貨以上
USD/JPY4.3pips2.3pips1.3pips0.3pips
EUR/JPY4.5pips2.5pips1.5pips0.5pips
EUR/USD4.3pips2.3pips1.3pips0.6pips
AUD/JPY4.6pips2.6pips1.6pips1.7pips
NZD/JPY5.7pips3.7pips2.7pips1.0pips
GBP/JPY5.0pips3.0pips2.0pips1.0pips
CHF/JPY6.0pips4.0pips3.0pips2.0pips
CAD/JPY5.9pips3.9pips2.9pips1.9pips
ZAR/JPY5.8pips3.8pips2.8pips1.8pips
TRY/JPY9.5pips7.5pips6.5pips5.5pips
GBP/USD5.4pips3.4pips2.4pips1.4pips
AUD/USD5.4pips3.4pips2.4pips1.4pips
NZD/USD6.0pips4.0pips3.0pips2.0pips
USD/CHF6.0pips4.0pips3.0pips2.0pips
EUR/GBP5.9pips3.9pips3.0pips2.0pips
EUR/AUD5.9pips4.0pips2.9pips1.9pips
AUD/NZD9.8pips7.8pips6.8pips5.8pips

実質的にかかってくるコストはこのようになります。

大体4.0pips~6.0pipsくらいのコストが必要でしょう。

トラリピとトライオートFXを比べると?

トラリピとトライオートFXを比べると?

トラリピとトライオートFXのコストが、どれくらい必要なのかわかったと思います。

では実際にどれくらいの差があるのか比べて見ましょう。
スプレッド、手数料、実質的コストを比較してみます。

トラリピとトライオートFXのスプレッド

吹き出し①
ヒヨ
スプレッドはどれくらい違うのかな?

トラリピのスプレッドとトライオートFXのスプレッドを比べてみました。

通貨ペアトラリピトライオートFX
USD/JPY3.0pips0.3pips
EUR/JPY4.0pips0.5pips
EUR/USD5.0pips0.3pips
AUD/JPY5.0pips0.6pips
AUD/USD5.0pips1.4pips
NZD/JPY7.0pips1.7pips
NZD/USD4.0pips2.0pips
CAD/JPY6.0pips1.9pips
GBP/JPY7.0pips1.0pips
TRY/JPY8.0pips5.5pips
ZAR/JPY3.0pips1.8pips
CHF/JPY取扱いなし2.0pips
GBP/USD取扱いなし1.4pips
EUR/GBP取扱いなし1.9pips
USD/CHF取扱いなし2.0pips

スプレッドは圧倒的にトライオートFXの方が狭くなっています。
取扱い通貨もトライオートFXの方が多いですね。

トラリピとトライオートFXの手数料

キャラ基本
ヒヨ
手数料はどれくらい違うのかな?

トラリピとトライオートFXでどれくらい手数料に差があるのか比較してみました。

取引数量トラリピ トライオートFX
1万通貨未満50円20円
1万通貨以上10万通貨未満30円10円
10万通貨以上50万通貨未満30円5円
50万通貨以上30円 無料

手数料もトラリピより、トライオートFXの方が約半分程度で済んでいますね。

たとえば1000通貨で取引した場合、トラリピは片道手数料で50円かかりますがトライオートFXは20円です。

トラリピとトライオートFXのコスト

吹き出し①
ヒヨ
コストはどれくらい差があるのかな?

1000通貨以上1万通貨未満で取引をした場合のコストを比べて見ました。

通貨ペアトラリピトライオートFX
USD/JPY13.0pips4.3pips
EUR/JPY14.0pips4.5pips
EUR/USD15.0pips4.3pips
AUD/JPY15.0pips4.6pips
NZD/JPY17.0pips5.7pips
GBP/JPY17.0pips5.0pips
CHF/JPY取扱いなし6.0pips
CAD/JPY15.0pips5.9pips
ZAR/JPY取扱いなし5.8pips
TRY/JPY18.0pips9.5pips
GBP/USD取扱いなし5.4pips
AUD/USD15.0pips5.4pips
NZD/USD14.0pips6.0pips
USD/CHF取扱いなし6.0pips
EUR/GBP取扱いなし5.9pips
EUR/AUD取扱いなし5.9pips
AUD/NZD取扱いなし9.8pips

実質的なコストでも、トライオートFXの方が圧倒的な低コストでした。
トラリピとトライオートFXを比べると、トライオートFXの方が低コストで運用できますね。

このようにコスト面だけを見るとトライオートFXで運用する方がいいと思うかもしれません。
しかしトラリピは決算トレールなどの独自のサービスがあるので、一概によくないとは思いません。

だからヒヨはリスクヘッジも考えて分散投資として、トラリピとトライオートFXの両方を利用しています。
どちらかに偏るのではなく、両方使ってみるスタンスですね。

ちなみにトラリピは2018年9月29日まで手数料無料のキャンペーンをおこなっています。
手数料が無料ならコストもかなり抑えられるのでこの機会に試してみてもいいかもしれません。

他の自動売買と取引コストを比べてみる

他の自動売買と取引コストを比べてみる

せっかくなので、同じようにリピート系注文ができるFX会社のコストも比較してみました。
コストだけで判断するのもよくないですが、どこのFX会社を使うのか選ぶ時の参考にしてください。

1000通貨以上1万通貨未満の場合を比較

キャラ基本
ヒヨ
他のFX会社のコストも比較してみたよ!

取引をする時に1番利用するであろう、1000通貨以上1万通貨未満で比較してみましょう。

通貨ペアマネーパートナーズ
連続予約注文
アイネット証券
ループイフダン
インヴァスト証券
トライオートFX
マネースクエア
トラリピ
USD/JPY0.3pips2.0 pips4.3 pips13.0pips
EUR/JPY0.7 pips3.0 pips4.5 pips14.0pips
EUR/USD0.8 pips2.0 pips4.6 pips15.0pips
AUD/JPY0.9 pips4.0 pips4.6 pips15.0pips
NZD/JPY1.8 pips6.0 pips5.7 pips17.0pips
GBP/JPY1.2 pips5.0 pips5.0 pips17.0pips
CHF/JPY2.4 pips取扱いなし6.0pips取扱いなし
CAD/JPY2.4 pips5.0 pips5.9 pips15.0pips
ZAR/JPY1.9 pips取扱いなし5.8pips取扱いなし
TRY/JPY1.9 pips取扱いなし9.5 pips18.0pips
GBP/USD1.9 pips取扱いなし5.4pips取扱いなし
AUD/USD1.4 pips4.0 pips5.4 pips15.0pips
NZD/USD取扱いなし取扱いなし6.0 pips14.0pips
USD/CHF取扱いなし取扱いなし6.0pips取扱いなし
EUR/GBP取扱いなし取扱いなし5.9pips取扱いなし
EUR/AUD取扱いなし取扱いなし5.9pips取扱いなし
AUD/NZD取扱いなし取扱いなし 9.8pips取扱いなし

トライオートFXよりもコストが安いところもありますね。
どんなFX会社なのか少し紹介しておきましょう。

マネーパートナーズ『連続予約注文』とは?

他のFX会社と比べると圧倒的な低コストで運用できます。

その理由は、一般的な証券会社のスプレッド分だけでリピート注文ができるという性能のおかげです。
ただし運用する上でのメンテナンスの手間が必要となります。

そのため何もしないで長期放置するには不向きなので、手間を掛けてもいいからとにかく低コストで運用したい方向けだと思います。

アイネット証券『ループイフダン』

マネーパートナーズと比べると少々スプレッドは広めとなっていて、あらかじめリピート系用に設定されたものですが、手数料はゼロです。
かなり低コストで運用できる証券会社でしょう。

ただし想定レンジを設定できないというデメリットはありますが、とにかく低コストで手間を掛けたくない方にはオススメでしょう。

マネーパートナーズ『連続予約注文』やアイネット証券『ループイフダン』は、まだヒヨ自身試したことがないので何とも言えません。

しかし実際に運用しているトラリピやトライオートFXでは、コスト面でそれほどマイナスを感じていないので、あまり気にする必要はないと思います。
コストばかりに目を向けるのではなく、自分の資金やスキルに合わせてサービスを選択した方が結果的に利益を増やすことができるでしょう。

トライオート

まとめ:自動売買は便利だが以外とコストがかかる

吹き出し①
ヒヨ
自動売買は運用コストがかかるのがネックだね!

自動売買はほったらかしでコツコツ資産を増やしてくれる便利なツールです。
しかし以外と見落としがちなのが、スプレッドや手数料といったコスト面ではないでしょうか?

もしかしたら

「スプレッドがこんなに広いなんて知らなかった」
「手数料がかかるの?」
「自動売買って以外とコストかかるんだ・・・」

など便利なことばかりに意識が集中して、コストのことを知らなかった方もいるかもしれません。

コスト面ばかり気にして自動売買の選択肢をなくしてしまうのはもったいないですが、どの通貨でどれくらいコストが必要なのかくらいは知っておいた方がいいでしょう。

でないと「運用を始めてからコストが思った以上にかかって利益が伸ばせない」ということにもなりかねません。
できればコスト面も考えながら、自分の運用資金や経験値から最適な方法を見つけてください。

キャラ基本
ヒヨ
最後まで読んでくれてありがとう!

投資を始めるならまずはこの3つ

投資を始めるなら「トラリピ」「トライオートFX」「トライオートETF」からまずは挑戦してみよう。
初心者でも簡単に始められる自動売買だから相場を予想する必要はありません。
毎日ほったらかしでコツコツ利益を積み重ねてくれます。

マネースクエアの「トラリピ」はトレンド相場で利益を伸ばしてくれます。
インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法でオリジナルの注文設定ができるんです。
インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買できるサービスとなっています。

トラリピの「マネースクエア」

マネースクエア

「マネースクエア」が提供する特許取得の取引注文「 トラリピ」が人気!トラリピは自動売買なので感情に左右されず機械的に取引ができます。チャートを毎日見なくてもいいので仕事中でも遊んでいる時でもコツコツ利益を出してくれます。また初心者から経験者まで好評のリスクが学べるセミナーや情報が充実。投資が初めてな方にオススメ!

インヴァスト証券の「トライオートFX」

トライオート

インヴァスト証券の「トライオートFX」は多彩な注文方法があるので自分の思ったトレードスタイルが作れちゃう!細かい設定ができるのであなたの好みの自動売買が作れます。またオートパイロット機能は売買方針の「上昇」「下降」「レンジ」から選べるので初心者でも簡単に始められます。ルール通りの売買をおこなうのでほっとくだけで機械的に利益を積み重ねることができるでしょう。

インヴァスト証券の「トライオートETF」

トライオートETF

インヴァスト証券の「トライオートETF」は世界のETFを自動売買が可能なサービス。自動売買ではリピート注文(自動連続注文)を採用しているので毎日の値動きに対して自動で新規注文や決済を繰り返してくれます。過去の実績から選ぶだけの自動売買セレクトがあるので初心者の方でも簡単に始めることができます。また自動売買を自分で作りたい場合もわかりやすい機能を標準しているので安心です。

人気記事

ヒヨが運用しているNZD/USDのトラリピ設定を詳しく解説! 1

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はヒヨが実際に運用しているNZD/USDの設定を公開したいと思います。 たとえば 「これからトラリピを始めようと思っている」 「トラリピに興味があるけどイメージがわか ...

ほったらかしでいいFXのトラリピとは?初心者にオススメの手法 2

ヒヨ こんにちは!ヒヨです。 今日は私も実際に運用しているマネースクエアのトラリピについて詳しく解説していきます。 将来について不安を感じていて、資産運用に興味があるならピッタリの方法だとヒヨは思って ...

誰でも簡単!マネースクエア口座の手順や開設方法を解説! 3

ヒヨ こんにちは!ヒヨです! 今日はトラリピを始めてみたい方に、口座開設の手順や方法を紹介します。 たとえば 「トラリピを始めたいけど何から手をつけていいかわからない」 「口座開設って複雑そうだけど難 ...

-トライオートFX, トラリピ

Copyright© 将来が不安で副業始めました , 2019 All Rights Reserved.